介護職員の給与・年収の目安とは?

介護職の給与の平均は全体で見てみると23万円ほどになっており、福祉施設で見ると男性は平均24万ほど、女性は22万円ほどになっています。介護職の仕事は体力も必要であり力も必要なので、給与が20万円台と知ると「少ない」と感じられるかもしれません。ただ、これは平均の給与なので仕事別や年代別に見ると給与の金額は変わってきます。

介護職の給与についてさらに詳細な点を確認していきましょう。

いろいろな仕事の中で介護の仕事を選択することもできますが、介護の仕事をするときの年収や給与次第で選択を考える人もいるでしょう。介護職の年収と給与について内容を紹介しましょう。

介護職の給与はどれくらいか?

介護職の仕事をするときのやりがいや魅力を感じるなら「介護の仕事をしてみよう」と前向きに検討しやすくなるでしょう。介護職の仕事のやりがいや魅力はいろいろあるので、自分が仕事を重視する点と共通の部分がないのか確認してみましょう。

年代別の介護の給与とは

介護職の給与は年代別によっても違います。男女別に給与を見ていくと20代の男性で2024万円の給与となっており、女性は2023万円ほどの給与が平均的です。

30代になれば男性は25万円~255,000円ほどの給与となっており、女性は225,000円ほどの給与です。40代であれば男性は2526万円ほど、女性は225,000円ほどです。

5060代は男性で1725万円、女性は1722万円ほどの給与になっているので、全体的に見て男性の給与で高いのは40代の26万円ほど、女性も40代の225,000円ほどになります。

給与の最低は男性も女性も17万円ほどになっているので、手取りで換算すると男性は20万円ほどの給与を得られても、女性は20万円に到達することができないので、給与は低いと言えます。

介護職の給与で20万円以上もらうのが難しいなら、体力や仕事内容を考慮しても割に合わないと思う人が多く、介護職の仕事を選ばない、または続かない人が多い原因となっています。

働き場所に介護の給与を確認

介護職の仕事は働き場所によっても給与が変わります。そのため、給与を考えて働くなら介護職の働き場所を確認しておくことも必要です。まず、平成30年の平均給与の記録を見るなら、常勤で最も高い給与を記録しているのは介護老人福祉施設です。

介護老人福祉施設は給与の平均が332,000円ほどであり、手取りでも30万円ほどの給与をもらうことが可能です。次に給与が多いのは介護老人保健施設であり、給与は317,000円ほどです。

次は訪問介護事業者で292,000円ほど、介護療養型医療施設が285,000円ほど、認知症対応型共同生活介護が275,000円ほど、通所介護事業所が263,000円ほどとなっています。

介護職の仕事も働き場所によって給与が変わっているので、給与をたくさんもらいたい場合は介護老人福祉施設で働くのが良いと言えます。

介護職の年収はどうなっているの?

介護職の給与を知ることも大事ですが、介護職で働く場合は年収も気になるでしょう。年収は給与とも関係していますが、ボーナスなども加えられた金額が年収となります。介護職の年収はどれくらいの金額となってなっているのか紹介していきましょう。

年代別に見た介護職の年収

介護職の年収を年代別に見ていくと、男性と女性では年収に違いが出ています。20代の男性の年収は約293万~342万円ほど、女性は293万~324万円ほどが平均となっています。

30代は男性が366万~384万円ほどが平均であり、女性は326万~327万円が平均年収となっています。40代は男性が371383万ほどとなっており、女性は328万円ほどの年収、50代であれば男性は355万~365万円、女性は317328万円ほどの年収となっています。

男性共に年収を見てみると40代が1番高い年収となっていますが、どちらも年収400万円には到達しないので、一般企業に勤めている方と比較すると年収は低い水準となっています。ちなみに60代以降になれば男性は平均年収が279万円ほどですが、女性は約291万円ほどになり、女性が男性の平均年収を超えています。

介護職の仕事も60代以降の女性にとっては収入の良い仕事になると言えるでしょう。

介護職の年収が高い都道府県とは?

護職の年収は平均から見ると少なく思えるかもしれませんが、都道府県別に見ても年収には違いがあります。都道府県別に年収が高い所を見てみると第一位は東京で約401万円、第二位が山梨県で約390万円、第三位は神奈川県で約389万円ほどになっています。

東京や神奈川などの首都圏のあたりは介護職の平均年収も高く設定されているようなので、介護の仕事も選びやすいと言えます。

しかし、年収が低い都道府県別で見ると、ワースト一位は青森県で約270万円、第二位は佐賀県で約284万円、第三位は山形県で約294万円ほどの平均年収となっています。

東北や九州のあたりは元々の物価の違いなどもあるかもしれませんが、年収が低いと言えます。このように都道府県別に見ても年収は違いがあります。

給与や年収を少しでもアップさせる方法とは

「介護職の年収は低い」と感じる人もいるかもしれませんが、介護職の年収は方法によって上げることも期待できるので、ポイントを知っておくことが大事です。どのような方法で給与や年収のアップが期待できるのか紹介しましょう。

資格の習得を行って昇進アップを狙う

介護職で給与や年収アップを狙うなら資格の習得がおすすめです。例えば、介護福祉士の資格を習得するなら、月に数千円ー~1万円程度の資格手当が支給されるので、給与の上積みが期待できます。

また、介護関係の資格の有無により昇進にも関わってくるので、資格を持っていることで昇進しやすくなり、給与や年収も上がることが期待できるでしょう。介護職の中でもケアマネージャーなどに昇進すれば介護の給与は一般の介護士とは違う給与となり、ボーナスの金額も変わってくるので年収に大きな違いが出てきます。ケアマネージャーや社会福祉士の資格を習得すれば昇進も早くなりますが、上位の資格ほど難易度が高くなるので習得は一筋縄ではいきません。

ただ、給与や年収を上げる方法として資格の習得は現実的な方法と言えるでしょう。

職場を変えて仕事をする

介護職で高い給与を求めるなら、今の職場を変えて別の職場に転職することも1つの方法です。介護職の給与や年収は働く場所によっても違うので、募集を見るなら年収の高い場所に移動するのも良いです。介護場所でも年収や給与が高いのは特別養護老人ホームや老人福祉施設、老人保護施設、訪問介護、通所介護などです。

これらの場所で介護の仕事をするなら、今の職場よりも給与と年収アップの期待を持つことができます。ただ、高収入の勤務先は求人が少ないので見つけること自体が難しく、また転職することができても、残業や出勤日が多くて働く負担が大きくなるなどのデメリットもあります。

手当ての多い職場を選ぶ

介護職として働くことを目指しているなら、手当の多い職場を選ぶことも1つの方法です。残業や夜勤など手当てが多いなら通常の日勤よりも収入を多くもらえるので、年収や給与も増えます。ただ、残業や夜勤を行うなら体の負担が大きくなり、長期的に続けることが難しく感じる人もいるはずなので、内容を考慮して選ぶようにしましょう。

まとめ

介護職の年収や給与は他の職業と比較するなら高い設定とはなっていません。しかし、介護職も働き方や場所によって年収や給与はアップするので、自分の負担を考えながら働くなら希望通りの収入となるでしょう。ぜひ検討してみてください。