介護業務デジタル化についての期待

・介護業界をデジタル化にすることのメリット・デメリットを知りたい
・介護業界のデジタル化にどのような期待を持っているのか知りたい

上記のような悩みや疑問を解決していきます。

介護紹介は人手不足が深刻化していて、デジタル化を進めなければ業務が崩壊する可能性が高いです。

この記事では、介護の業務をデジタル化することで、どのような期待を得られるのか解説していきます。

 

介護業務のデジタル化によって期待される4つの利点



まずは、介護業務をデジタル化することによって期待されるメリットを3つに厳選して紹介していきます。

これからデジタル化を推進していく企業は、どのようなメリットを得られるのか確認しておきましょう。

 

人手不足が解消できる


デジタル化によって業務をする人員を減らせるので、人手不足を解消できます。

厚生労働省の発表によると、2025年には介護職員が38万人も不足すると予測されていて、少しでも早く企業は対策を進めなければいけない状況になりました。

人手不足を解消する方法は、下記の2つしかありません。

・従業員を多く雇う
・業務の効率性を上げる

デジタル化を導入すれば、業務の効率を改善して、少ない従業員数で多くの患者様に対応することが可能です。

 

職場環境が向上する


介護業界は人手不足なので、残業や休日出勤などによって職場環境が良いとは言えません。

離職率は決して高くありませんが、職場環境が良くなる事で、従業員が長く働いてくれる可能性が高くなります。

従業員の離職率が高くて悩んでいる企業は、デジタル化を導入して負担を減らす努力をするべきです。

 

人件費の抑制


業務の効率性が上がれば、人件費を抑えることができます。

これから介護業界は危機的な人手不足の影響で、人件費を上げなければ業務が回らない可能性が高いです。

デジタル化を進めていない状態を続ければ、人件費を上げて従業員を採用することになるでしょう。そうなれば、人件費は大きな負担になります。

業務の効率を上げて人件費を抑える為には、デジタル化の導入は必須です。

 

助けられる患者が増える


作業効率が上がって施設に入れる患者数を増やせれば、助けられる命が増やせます。

これからの時代は、介護施設に入れないと悩む人が多く現れるでしょう。介護施設が見つからないで、自宅で亡くなる方も多くなる可能性があります。

介護施設の従業員が足りない為、患者様の数を減らしている企業は少なくありません。

デジタル化を導入して作業効率を改善できれば、施設に入れられる患者様も増えます。

助けられる患者様が増えると考えれば、デジタル化の導入は絶対に検討するべきです。

 

介護業務のデジタル化で危惧する3つ問題点



先ほどはメリットを紹介しましたが、デメリットもあるので解説していきます。

 

トラブルの原因になりうる


デジタル化を進めるにあたってテクノロジーを利用する際に、様々なトラブルが起きる可能性があります。

例えば導入した機械が急に故障して、患者様に迷惑が掛かるなど。少しのトラブルであれば仕方ないですが、命に関わるケースも出てくるでしょう。

機械を定期的にメンテナンスするなどの対策が必要になります。

 

患者が受け入れない


今まで人と人とのコミュニケーションで行ってきた介護業務を機械に変えれば、反発する患者様も増えるでしょう。

ただ、これから人同士で対面の介護をするのは、現実的に不可能です。少子高齢化によって需要は増える中、従業員が急激に増えることは考えにくいですね。

少しずつ時代の流れに沿って、介護業界もデジタル化に移行するべきでしょう。

 

導入コストが高い


デジタル化の移行は初期費用が非常に高いので、テクノロジーを導入できない企業が多いです。

政府は介護業界の人手不足を解消する為に、導入コストを減らすなど対策をしなければいけません。

現時点では、「補助金制度」や「報酬加算」などの対策が実施されています。これらを上手く使えば、初期費用を抑えてデジタル化へ移行することが可能です。

 

介護業務を上手くデジタル化する為に


介護業務を上手くデジタル化に移行する為には、従業員にITリテラシーが必要になります。

デジタル化に移行しても、従業員が機械などのテクノロジーを扱えなければ意味がありません。

介護業界の従業員は年齢が高い傾向があるので、若い世代が多い業界に比べてITリテラシーが弱いです。

研修やコンサルティングを受けて従業員にIT教育することで、上手く介護業務のデジタル化に成功します。

 

まとめ


この記事では、介護業務をデジタル化することで得られる期待と、危惧される問題点を紹介しました。

正直な感想を言うと、デジタル化の移行にはメリットとデメリットがあるので、どちらが良いと思うかは個々の考え方です。

この記事の意見は、少しずつデジタル化に移行することを推奨します。

人手不足や人件費の高騰などを考慮すると、今から少しずつデジタル化に移行して作業効率を上げることで、患者様が増えても対応できるようになるでしょう。