介護士と働くのか、ケアマネジャーとして働くのか

・介護士とケアマネージャーの違いについて詳しく知りたい
・介護士とケアマネージャーのどちらに就職しようか悩んでいる
・介護士とケアマネージャーのメリット・デメリットを知りたい

上記のような疑問や悩みを解決していきます。

これから就職や転職を考えていて、介護士やケアマネージャーが選択肢に入っている方は非常に多いでしょう。

介護士とケアマネージャーは、似ている職種に見えて業務内容などが全く異なります。
この記事では、双方の違いやメリット・デメリットを徹底解説しているので、これから働きたいと考えている方はご覧下さい。

 

介護士とケアマネージャーの大きな違い



介護士とケアマネージャーの大きな違いは、業務内容です。

介護士は、患者様と対面で介護をするのが主な業務になります。患者様を介護でサポートしたいと考えている方は、介護士を目指しましょう。

ケアマネージャーは、患者様の介護をする業務はありません。ケアプランなどを作成してサポートするのが業務になります。

業務が全く異なるので、自分が興味の職業を選べば大丈夫です。

介護士として働く2つのメリット


介護士とケアマネージャーの違いを知って頂きましたが、双方のメリットとデメリットも紹介しておきます。

メリットとデメリットを把握できれば、就職や転職でどちらを選べば良いか判断できるでしょう。

まずは介護士として働くメリットを解説していきます。

就職できる可能性が高い


介護士は人手不足が深刻化している業界なので、就職の難易度は非常に低いです。
学歴なども必要無いので、やる気があれば誰でも採用されるチャンスはあります。

今までの職歴に自信が無い人や、学歴に不安がある方は積極的に挑戦するべき業界です。
早く正社員として働きたいのであれば、介護士を目指しましょう。

仕事に困らない


介護士は、仕事に困る可能性が極めて低い業界です。

これからはAIなどのテクノロジーが発達して、多くの仕事が消えていくと予測されています。その為、仕事に困る人が増える可能性が高いです。

介護業界もデジタル化が進んでいくと言われていますが、少子高齢化によって従業員も多く必要になるでしょう。

圧倒的に需要があるにも関わらず、供給が間に合っていないので、介護士が仕事に困ることは無いと考えられます。

将来性を考慮して就職先を検討しているのであれば、介護業界はおすすめです。

ケアマネージャーとして働く2つのメリット


先ほどは介護士として働くメリットを紹介しましたが、ケアマネージャーになるメリットを解説していきます。

給料が高くなる


ケアマネージャーは、介護士に比べて給料が高いです。

ケアプランの作成など介護士より上流の業務を担当している為、給料が高くなる傾向があります。

ただ、政府の方針で介護士の待遇を良くすると言われているので、給料の差は縮まる可能性が高いです。

ちなみにケアマネージャーになるには専門の資格が必要で、習得するには介護に関する実務経験5年が条件になります。

まずは介護業界で経験を積んでから、キャリアアップとしてケアマネージャーを目指しましょう。

■体力的に楽になる


ケアマネージャーも大変な仕事ですが、体力的には介護士より楽になります。

介護士は、患者様を介護する際に体を持ち上げたりするなど、体力を使う業務が多いです。

人手不足で残業や休日出勤も多い傾向があり、体力に自信が無ければ働き続けるのは困難だと思います。

体力に自信が無いけど介護業界で働きたいと考えている方は、ケアマネージャーを目指しましょう。

介護士をおすすめする人の特徴


介護士をおすすめするのは、将来性を考えて職場を選びたい人です。

これから介護業界は人手不足が深刻化する為、ケアマネージャーより現場で働く介護士の方が需要は高くなります。

給料面で不安になる方もいますが、政府が待遇を変える方針を示しているので、将来的には収入は上がる可能性が高いです。

将来性を考えて働く業界を選びたい方は、需要が伸び続ける介護業界をおすすめします。

ケアマネージャーをおすすめする人の特徴


体力的に自信が無いけど、介護業界に貢献したいと考えている人は、ケアマネージャーを目指しましょう。

ケアマネージャーは介護士に比べて体力的には楽ですが、多くの人が必要としている仕事です。介護業界は、介護の業務でなくても貢献できます。

仕事が無くなる可能性も低いので、とりあえず介護業界に進みたい人はケアマネージャーがおすすめです。

まとめ


この記事では介護業界に興味がある方に向けて、介護士とケアマネージャーの違いや双方のメリットを解説していきました。

これからも需要が伸び続ける業界なので、就職を考えている方は積極的に企業訪問などもしましょう。

業務内容は非常に大変ですが、人を助けられる仕事でやりがいはあります。

最後に双方の就職をおすすめ人を紹介しておくので、参考にして下さい。


介護士をおすすめする人の特徴
→将来性を考えて職場を選びたいと考えている

ケアマネージャーをおすすめする人
→介護業界に貢献したいと考えている

他の記事でも介護業界について解説しているので、興味がある方はご覧下さい。