介護職に向いている人とは?

仕事をするときは自分に向いているのか、それとも向いていないのかを見極めることも大事になります。自分が仕事に向いていることで仕事をするときの楽しさやおもしろさを感じることができ、長く仕事を続けていくことができるからです。

もし、介護職で仕事をすることを考えているなら、介護職に向いている人の特徴を知っておきましょう。介護職に向いている人の特徴を5つ取り上げ紹介します。

介護職に向いている人の特徴とは

介護職の仕事は体が不自由な人など、生活環境で生じる支障をサポートして生活をしっかり行えるようにすることが仕事です。仕事には車椅子を押すことやベッドから起き上がることをサポートするなど力が必要なこともあるので、簡単な仕事ではなく向き不向きのある仕事です。

そのため、介護職に自分が向いているのか特徴を押さえて考えてみましょう。向いている人は以下のような特徴があります。

特徴1.コミュニケーションがしっかり取れる人

介護職に向いている人の特徴にはコミュニケーションがしっかり取れる人です。介護職では相手が何をして欲しいのかを聞く必要があります。介護をする人は自分の体や生活環境からできることとできないことが違うので、自分の観察力だけでは相手がして欲しいことを理解することはできません。

そのため、逐一コミュニケーションを取って相手の要望を聞いて、どんな性格や傾向があるのか知っておくことが大事です。介護職はコミュニケーションをしっかりとることで、相手が重要視することも分かり仕事の作業も短時間で行えるようになります。

また、相手と徐々に信頼関係も作ることができるので、介護をする点でやりやすさも出てきます。普段から人と話すことが好きであり、コミュニケーションを取ることを苦に思わない人であれば特徴として介護職の仕事に向いています。

特徴2.相手に対して気配りができる人

介護職の仕事では相手に対して気配りを行うことも求められます。介護職での相手は高齢者や体に障害を持っている人、持病ゆえに生活に不便さを感じる人です。人それぞれにより、心情が違い、生活の不便な部分も違うので、相手にがして欲しいことや困っていることに関して先に気付いて行動を取ることで相手も生活がしやすくなります。

相手と会話をして要望を聞こうとしても、あまり自分のことを話さない人もいるので分からないこともあります。そのため、相手の少しの表情や行動でして欲しいことに気付く観察力が必要になってきます。普段から相手の表情や仕草などから要望に気付ける人は介護職に向いている特徴があるでしょう。

逆に、あまり細かいことに気付くのが不得意な人であれば、介護職の仕事は作業効率が落ちてしまうこともあるので、介護の仕事を続けていくのが難しく感じるかもしれません。

自分は普段からいろいろなことを観察して気付ける人なのか確認しておきましょう。

特徴3.忍耐力がある人

介護職を行うためには忍耐力も必要です。介護をする高齢者や体が不自由な人など、行動力が自分よりも遅い人になります。1つの動作をするだけでもかなり時間がかかってしまうことになるので、相手に合わせる忍耐力が必要になります。

例えば歩いて移動するだけでも、歩幅を合わせて相手のスピードで歩くことも必要です。ベッドから起き上がるときも直ぐに起き上がれるのではなく、少しづつ体を持ち上げながら数分かかることもあります。

また体の不自由さからイライラしている人もいるなど、介護職の仕事をするときはいろいろな場面で忍耐力が必要になります。

普段から忍耐力があり、少しのことで自分もイライラしない包容力があるなら、介護職に向いている特徴があります。しかし、、相手のペースに合わせることが苦手な人などは介護の仕事をするときに苦労する可能性が高いです。

特徴4.固定観念にとらわれない人

介護職をする際は固定観念にとらわれないことも必要です。介護の対象者はいろいろな人がおり状況は違います。同じ支障を持っている人でも、性格や症状の大きさによってできること、できないことは違うので、固定観念を抜きにして相手11人に合わせた行動を取る必要があります。

例えば、介護をする相手が認知症の人でも度合いによって大きく違いが生じます。認知症の人でも軽い人であれば、サポートは少なくて済みますが、重症な人であれば生活の大部分にサポートが必要になります。

ただ、固定観念によって介護をしてしまうと相手に不快な感情を抱かせることもあり、またサポートが不足してしまうことも生じます。そのため、介護をするときに固定観念ではなく、相手のことを考えて行動できる特徴があるなら介護職の作業もしっかり全うできるでしょう。

特徴.5前向きに作業を行える人

介護職に向いている人は前向きな人が多く、失敗を引きずらない精神が必要です。介護職では11人に合わせた作業を行いますが、相手の要望に沿って正確に行動することができないこともあります。

時には相手から批判を受ける可能性もあるなど、人を相手に仕事を行うので、ストレスも溜まることがありますし、自分のミスで失敗してしまうこともあるでしょう。

しかし、介護職では1つのことを引きずっていると、仕事を行うのが苦になります。介護の相手もストレスから言葉がきつくなることもあるので、言葉に逐一反応していると精神的なダメージが大きくなります。

そのため、どんなことでも前向きに考えられる楽観的な思考を持っておくことが大事です。「自分は介護の仕事を精一杯行った」「今度から改善していけば良い」という前向きな思考をすることで、介護職の仕事を続けていくことができます。どんなことも前向きに考えることができて、ストレスを溜め込まない人は介護職の仕事に向いている特徴があるでしょう。

介護職の仕事をする点で努力すべきこととは

介護職の仕事には向き不向きがあり、特徴を考慮して向いていないなら諦めてしまうかもしれません。しかし、努力することで介護職を自分が向いている仕事とすることもできます。

努力すべき点は以下の点があります。

人の役に立つことを重視する

介護職は資格が無くても未経験でも行うことができますが、資格の取得を行うことでキャリアアップすることができますし、必要な知識を身に付けることも可能です。スキルの向上を行うことで介護の知識やスキルを身に付けることができ、介護のノウハウを生かしてより良い作業を行うことができます。

スキルの向上は経験や資格の勉強をすることで身に付けられるので、学習できる努力と意欲があるなら、介護職の仕事も向いている人となれるでしょう。

スキルの向上を行うようにする

介護職は資格が無くても未経験でも行うことができますが、資格の取得を行うことでキャリアアップすることができますし、必要な知識を身に付けることも可能です。スキルの向上を行うことで介護の知識やスキルを身に付けることができ、介護のノウハウを生かしてより良い作業を行うことができます。

スキルの向上は経験や資格の勉強をすることで身に付けられるので、学習できる努力と意欲があるなら、介護職の仕事も向いている人となれるでしょう。

まとめ

介護職に向いている人の特徴を知るなら、自分が介護職を選んで良いのか判断しやすくなります。向いていない人でも努力次第で介護に向いている人になれるので、ぜひ介護職の仕事について考えてみてください。