介護職に大切なこと

仕事にもいろいろありますが、その中で介護職を選ぶ人もいるでしょう。介護職は人の生活をサポートする仕事なのでやりがいや社会貢献なども感じやすい魅力的な仕事です。介護職の人数も求めらているので選びやすい仕事ですが、携わる上では心構えについて知っておくことが大事です。

介護職員として大切なことを知っていることで、意欲ややりがいをより感じやすくなるはずなので、今回の記事では心構えについて紹介していきましょう。

介護職に携わる上で大事な心構えとは

介護職をする上で大事な心構えは1つではありません。そのため、ポイントを押さえて介護職に携わることで心理的な不安や技術的な不安などを軽減することができるでしょう。心構えで大切なものは以下の点ですえ。覚えておきましょう。

【その1】あいさつを積極的に行う

介護職に携わるならあいさつを積極的に行えるようにしておきましょう。介護職ではたくさんの人が働いており、最初はいろいろな作業を教えてもらうことが大事です。あいさつを積極的に行うことで職場の人にも爽やかな印象を抱いてもらうことができ、良い人間関係を構築しやすくなります。

また、介護職ではコミュニケーションが重視されています。あいさつをしっかり行えないと介護をする相手とも会話をするきっかけとなれず、自分の魅力も伝えられないので信頼関係を築きにくくなります。しっかりあいさつを行うことで、相手と会話をするきっかけとなり、自分もやる気を出すことができるので、まずはあいさつを疎かにしないことを心がけておきましょう。

【その2】相手へのマナーを考慮して接する

介護をするときはマナーを守ることも大事です。介護職で接する相手は高齢者や体の不自由な人であり、しっかり仕事を行なっていくためには信頼関係を築くことが必要です。そのため、相手に対して「ちゃん」付けで呼んだり「よくできたねー」と子供言葉を使用したりすることはよくありません。

そのような態度で接していると信頼関係を築くどころか、相手も気分を悪くして関係性が悪くなってしまうこともあります。

そのため、介護職で相手と接するときは敬語や丁寧語などを使用することが大事です。信頼関係を築くことは相手に敬意を表すことが大事なので、タメ口や見下したような態度を取るのではなく、言葉遣いをしっかり行えるようにしておきましょう。

他にも約束の時間までに所定の場所に行き遅刻しないこと、服装をしっかり整えておくなど、仕事をする上で最低限のマナーを守っておくようにしましょう。

【その3】チームワークを守って行動する

介護士の仕事は自分1人で動くのではなくチームとして行動しています。そのため、しっかりとチームワークを重視した行動を取ることが大事です。チームワークを重視した行動には報告や連絡、相談があります。介護の仕事では1日の仕事を終えたときには、報告をする必要もあり、大事な点に気付いたなら連絡をして他の介護士とも連携を取ることも大事です。

また、介護職の仕事を相手は生活のサポートが必要な人たちなので、急に体調が悪化してさらに人員を増加してサポートすることが必要な場合もあります。

自分では対処できないような場面も出てくるので、しっかりと相談してチームプレーで介護を行う必要もあります。もし、報告や連絡、相談をせずにチームワークを疎かにするなら、大きな事故やミスが生じて大きなトラブルになってしまうこともあります。

介護職はチームワークを守ってみんなでサポートしていくことが大切なことなので、この点も守って行動するようにしましょう。

【 その4】自分の健康管理もしっかり守る

介護職の仕事をするときは自分の健康を守ることも大切なことです。介護職の仕事内容はハードな部分もあり体力が必要なです。そのため、体の休養を十分取れないと体が疲弊して体調を崩すこともあります。しかし、体調を崩して風邪を引いてしまうと、自分のやるべき仕事を他の人が補うことになるので、他の職員の負担が重くなってしまいます。

また、体調を崩して風邪を引いたまま介護職の仕事をすると介護をする相手に風邪を移してしまう可能性もあります。ただ、介護をする相手は体調が強い人ではないため、風邪を引くと悪化してしまい重体になる危険性もあります。健康管理がしっかりしていないと他の従業員や介護の相手に迷惑をかけることになるので、風邪を引かないように仕事の休みのときは十分な休息やストレス発散を行うなどして健康管理を徹底しておきましょう。

また「体調が悪い」と感じたなら、無理をせずにその日は休むようにしてください。

【その5】常に学習する態度を持つようにする

介護職の仕事を行うときは学習する態度を持ち続けることが大切なことです。介護の仕事は最新の技術を設置してさらに介護のサポートの効率を上昇させること、また相手への接し方の方法や新しい知識を覚えることを求められます。

常に最高のサポートを行うために介護業界は変化をしているので、古い技術や知識に頼っていると他の人たちに置いていかれてしまうことになり、介護の質も低下してしまいます。

介護職の仕事をするときに常に良いパフォーマンスを出すために変化についていくことができるように、新しい知識や最新の介護技術の情報を学ぶなどして、自分の技術を向上させていくことが大切なことです。

介護職は学習意欲も必要になるので、心構えとして覚えておきましょう。

【その6】臨機応変に対応することも必要

介護職は相手の容体に合わせて接し方や行動を変えることが大切なことです。それは、介護職では臨機応変さが求められるからです。例えば、介護職の仕事は計画作成をして相手に接しますが、体調の変化により臨機応変に対応しなければいけないこともあります。

急な対応をするときに焦ってパニックになってしまうと相手の命に関わることもあるので、まずは冷静さを保つことができるように心がけましょう。もし、自分では対処することが難しく感じるなら、他の介護職の職員に頼ることも可能です。

何か不測な事態が生じた場合も冷静であれば対処することができます。しっかり臨機応変に対応できるように心がけましょう。

【その7】相手の意思を尊重する

介護職の仕事をするときは相手の意思を尊重するようにしましょう。介護職の相手はサポートが必要ですが、できれば自分で行える範囲のことは自分で行いたいという思いも持っています。

そのため、何でも自分が生活のサポートをしてしまうと、相手も気分を害してしまい信頼関係を築きにくくなることもあります。そのため、相手が自分でやりたいようなことは相手の決定を尊重して行動することが必要です。

例えば、服を着るときも相手の意思を尊重するために「どんな服を着られますか?」と質問をすることができます。相手のやりたいことを尊重しながら介護職の仕事を行うのは観察力やコミュニケーションも必要になってくるので、相手のことを知ろうとする努力も求められます。

ただ、相手の意見を尊重して行動すれば意欲も湧いてくるので、介護職では大切なことです。そのため、何でも自分が行うことがないようにも注意しておきましょう。

まとめ

介護職では大切ことがいろいろあります。そのため、介護職のポイント押さえて良い介護ができるようにする必要があります。大切なことを知っているのと知らないのでは、自分の行動も変わってくるはずなので、しっかり内容を明記するようにしてください。