介護職に就くためには資格が必要なのか?

それは、必ず取得しないとダメ!ということではありません。

しかし、資格を持っていないことでできる範囲が狭まってしまう。

それと有資格者はお給与の面で待遇が良くなったり、就職する際に有利になったりします。

結論、資格は取得したほうが良いということになります。

では介護職に関わる資格って何があるのか代表的な資格はこれです。

・介護職員初任者研修
・介護職員実務者研修
・介護福祉士

介護福祉士は国家資格であり、取得することで待遇面での優遇や介護士としてのキャリアアップする為には必須の資格といえるでしょう。今回は、介護士として働くうえで取得しておきたい、介護職員初任者研修の資格を取る方法やメリットなどご紹介します。

介護初任者研修とは

介護職員初任者研修は、介護職の基本知識や技術を取得できる研修で、介護職のスタート資格 という位置付けにあります。

介護に関するいくつかの資格の中で、介護職員初任者研修は一番初めにとっておくべき資格と言えるでしょう。
従来のホームヘルパー2級に相当する資格です。介護職員初任者研修では、介護に関する技術や理念の基礎を学び、身に付けることができます。介護職として忘れてはならない理念、そして人間の身体のしくみや高齢者特有の身体の変化、基本的な医学的知識などが含まれています。

資格取得のメリットとは

介護職員初任者研修を修了するメリットはいくつかあります。

・月の給与に資格手当がつく
・就職時優遇される
・介護の基礎を学べる

実際、本当に無資格、未経験の職員を募集している施設もありますが、介護の現場経験はなくとも介護職員初任者研修を修了した方と、介護の現場経験がなく、介護職員初任者研修も未修了の方とでは、仕事のやり易さにはかなりの差が出ます。
介護職員初任者研修は、大抵どこのスクールでも5万~10万円ほどの受講費がかかります。
加えて、130時間のカリキュラムを修了した後、修了試験に合格する必要があります。
しかし、それだけの費用と時間をかけてでも、介護職員初任者研修修了資格は取得しておいた方が、給与面、仕事面共にメリットを感じられます。

「介護職員初任者研修」とは

介護職員初任者研修」とは

10科目で、科目ごとに学習時間が設定されており、計130時間の受講が必須です。

最後に修了試験(筆記試験)が行われます。

スクールはどうやって選ぶのか?

syoninsya_1

・初任者研修のスクールの選び方5ポイント
・スクールの場所は家から近いのか?
・開講スケジュールは仕事と両立できるのか?
・振替授業・就職支援などどんなサポート体制があるのか?
・価格はいくらなのか?
・どれだけ受講生を輩出したのか実績はあるのか?

まとめ

介護は人から笑顔で「ありがとう」と感謝されるやりがいのある仕事です。
最後に超高齢化社会に伴って、福祉関連の話題が取り上げられることが多くなってきました。

中でも介護職の人材不足は非常に深刻です。

厚生労働省の「福祉・介護人材の確保に向けた取り組みについて」によると、介護職員の有効求人倍率は2010年から2017年にかけて増加の一途をたどっています。
2017年の介護職員の有効求人倍率は3.5倍以上であるのに対し、全産業の有効求人倍率は1.5倍であり、介護職員の求人倍率は全産業と比較して高い水準となっています。
また、現状で不足しているだけでなく、介護人材の需要推計では、2020年度で約26万人、2025年度では約55万人の介護職員が不足すると見込まれています。

ほんの少しでも介護の業界で頑張ってみよう!という気持ちがあればチャレンジしてみてください!

正直介護の仕事は楽しいことばかりではありません。しかし実際に毎日笑顔で働いている人も多く、やりがいのある仕事です。10年前にやってたけど大丈夫かな?未経験だけど採用されるかな?

大丈夫です!介護のお仕事はいつでも皆さんを受け入れるチャンスの多い職種で、年齢や性別ともに関係なく活躍できる点も魅力です!もちろん無資格からでもキャリアアップ可能です。

長く勤めるのであればゆくゆくは介護福祉士取得を目指して積極的に資格取得を目指すことをおすすめします。